HOME > スポーツ障害・外傷

スポーツ障害・外傷

オスグッド

オスグッドは一般的に11歳~15歳くらいの男子に多く見られ、 膝蓋靭帯が下腿骨に接触する部分で成長軟骨が大腿四頭筋に引っ張られることによる炎症をおこしている状態をいいます。症状がひどくなると骨が隆起します。
成長期にスポーツを運動をやりすぎてしまうことによる、膝の痛みです。

主に、サッカーやバスケット、テニス、バトミントン、バレーボール、卓球、野球などといった、走ったり、飛んだり(ジャンプ)したりするスポーツや部活動を
している方に多く見られます!

かんなび整骨院では、膝、股関節部分などにオスグッドや成長痛などの痛みをやわらげる施術を行い、健やかな成長をサポートします!

当院ではオスグッドに対する施術により、おおよそ1日~3日で現役への復帰率が約95%ございます!
 

●当院のオスグッド症例!!

■オスグッド術前術後①




■オスグッド術前術後②



■オスグッド術前術後③



 

スポーツ障害・外傷

スポーツ中に起こるケガや障害は特有のものがあり、また復帰に際しても再発予防や練習方法の変更など様々な問題を生じます。
スポーツ中に起きた突発性のケガ(捻挫・骨折など)をスポーツ外傷といい、繰り返しの動作や過剰な練習などで徐々に悪化する障害をスポーツ障害といいます。またこれらを合わせてスポーツ傷害と呼ぶ場合もあります。
 
捻挫、肉離れ、腱断裂、脱臼、骨折等
 
野球肘、野球肩、ランナー膝等、

筋肉痛について

 
筋肉痛について 筋肉痛は、筋肉の働きと伸縮を原因として発生します。
筋肉は本来、収縮することで力を発揮し働く性質を持っています。
この収縮によって力を発揮する筋肉の働きを「コンセントリック収縮」と言います。
逆に筋肉が伸張しながら力を発揮する働きを「エキセントリック収縮」と言います。
筋肉痛は本来の働きではないエキセントリック収縮が原因となって起こっているものなのです。
エキセントリック収縮は、筋繊維が伸びきった状態で力を出そうとするので、筋繊維が小さな断裂を起こしやすくなります。
この筋繊維の断裂が筋肉痛の痛みを起こす元となるのです。

 
 
筋肉痛の痛みは、筋肉の炎症が原因の一つとなっています。
この炎症をアイシングなどで冷やして鎮めた後で、マッサージや入浴で温め血行を良くして治りを早めるのが筋肉痛の治療の基本と言えます。
冷たいシャワーを浴びた後湯船に浸かって温まるといった温冷浴や冷湿布が効果的です。

ページの先頭へ

 

肉離れについて

 
肉離れについて 肉離れが起こる原因は、脚の筋力にあると言えます。
肉離れが好発する足の筋肉である太ももや腓腹筋は、身体の全重量を支えるため強い筋力を持っています。
肉離れは、これらの強い筋力を持つ脚の筋肉が収縮している際に自分が出した筋力に耐え切れず部分断裂を起こすことで発生します。
肉離れの原因となる筋肉の部分断裂は筋肉痛でも起こっていますが、筋肉痛の場合は筋肉組織を構成する筋繊維が断裂しているもので肉離れのように筋肉組織が部分断裂を起こす場合とは比べ物にならないと言えます。

 
 
肉離れが起こったら早急な対処をすることが、肉離れ治療の基本であるといえます。
また、ストレッチをしたりして筋肉を伸ばすことは禁止です。
安静、適正な角度での固定、「患部の冷却」という応急処置の鉄則を表しています。
固定期間が終わると、電気刺激を与えたり肉離れの硬縮をとったりといった治療法が行なわれます。


ページの先頭へ

 

捻挫について

 
捻挫について 捻挫は、手首や足首などの関節に過度に強い力が掛ったり、関節が限界以上に捻られたり、曲げられたりしたことによって靱帯が損傷し発症します。
 
 
RICE処置もI(アイシング)と安静以外は捻挫の回復を遅らせます。Rest(安静)は1~3週間。compression(圧迫)とElevation(挙上)は循環障害を起こして後遺症の原因になる可能性があるので注意してください。

ページの先頭へ

 

打撲について

 
打撲について 打撲は別名を「打ち身」と言うように、身体を何かに強く打ちつけることで発生します。
打ち付けられた部位は皮膚の下に通っている毛細血管が皮下出血をおこしてしまい、あざが残ってしまいます。
打撲で出来るあざの色は個人差があり、多くの場合は「青タン」と呼ばれるような青いあざになります。
打撲は、主にラグビーやサッカーなどの球技や格闘技等のコンタクトスポーツに多くみられます。
また、強い打撲では内出血がひどく起こり骨化性筋炎という筋肉に溜った血が骨化してしまう状態になり、手術を要することもあるので打撲だからといって軽くみないようにしましょう。

 
 
打撲への応急処置としては、スポーツ障害への処置の基本である「RICE」が有効です。
安静にして、患部を痛みが治まるまで冷やすのが基本となります。
患部へのアイシングは15分程度に抑え、痛みがぶり返したならもう一度アイシングをするという形で行っていきます。
頭や胴体を打った場合は、直ちに安静にさせます。
頭部打撲では意識障害が起こるので、頻繁に呼びかけて意識の確認を行います。
意識障害がなくても、後で吐 き気や手足の麻痺などが起こる場合もあるので、なるべく早く病院で精密検査を受けるようにします。
腹部や胸部に打撲が起こると、肋骨や胸骨が骨折している場合もあるので注意しましょう。

ページの先頭へ

 

突き指について

 
突き指について 突き指は素手でボールを扱うことが多い球技に起こりやすいといえます。
具体的には、野球・バレーボール・バスケットボールなどですが場合によってはサッカーのゴールキーパーにも起こります。
これらのスポーツの共通点は、「ボールを指先で捉える機会が多いこと」「倒れるなどして地面に指先をつける機会があること」などがいえます。
特にヘッドスライディングで指先から滑り込む野球や、回転レシーブなどで指先を地面につけるバレーボールが突き指を起こしやすいスポーツとなっています。
そして、これらのスポーツは指先の使い 方が試合の結果に大きくかかわってくる性質を持っているため、突き指が選手生命を左右することも充分にありえるのです。

 
 
突き指は、甘く見られがちな怪我であるといえます。
俗に「突き指をしたら引っ張ってやればよい」と言われていますが、逆に指の骨の脱臼や腱の炎症を引き起こす原因となってしまうので厳禁です。
突き指を起こした場合は、RICEにしたがって患部の冷却を行います。ただし素人が無理にテーピングや包帯などで固定しないでください。容易に循環障害を起こす可能性があります。突き指は骨折や腱の断裂を伴う可能性があるので専門家を受診してください。

ページの先頭へ

 

脱臼について

 
脱臼について 脱臼は、相手の選手とぶつかり合うような激しいスポーツに多く見受けられます。特に相手の関節を攻撃の起点とする柔道は脱臼との関係が深いと言えます。
柔道以外のスポーツではスキーやスノーボードやラグビーなど転倒により不意に大きな力が腕に加わるスポーツに多く見られます。脱臼は他者とのぶつかり合いだけでなく、自分の力によって発生することがあるので覚えておくべきと言えます。

 
 
脱臼した関節を元に戻すことを「整復」と言います。脱臼の治療は整復した後の靱帯への処置が大きな比重を占めているといえるので専門の柔道整復師(整骨院の先生)や整形外科医に見てもらう必要があります。

ページの先頭へ

 

ジャンパー膝について

 
ジャンパー膝について ジャンパー膝はその名の通りジャンプ動作の多用を原因として発症します。
ジャンプ動作は、飛び上がった瞬間と着地した瞬間の二度にわたって膝に強い衝撃を 与えます。
飛び上がった瞬間は自分の体重を持ち上げた分の衝撃が掛かりますが、着地した瞬間は自分の体重に重力を加えた衝撃が膝に掛かります。
膝への強い 衝撃を伴うジャンプ動作を繰り返すことで、膝を動かす腱の損傷を招き炎症の原因となっているのです。


 
 
ジャンパー膝は放置しておくと腱の断裂を招いたり骨が前に凸出したりする為、出来るだけ早いうちに対処しておく必要があります。
初期のジャンパー膝は、運動後のアイシングで痛みを沈め炎症を抑えるように心がけます。
ジャンパー膝の症状はジャンプ動作に伴って起こりますが、単に安静にするのは効果がありません。
治療と練習を並行的に行うことが重要です。
完全に痛みが消えてから復帰しようと考えると、時間がかかりすぎます。その間に筋力は低下し、スポーツ能力も低下します。
細かな症状を聞き、観察し繰り返し行うことで完治に向かいます。まさに患者様と先生のコミニュケーションが重要と言えるでしょう。

ページの先頭へ

 

野球肩・肘について

 
野球肩・肘について 野球肩と野球肘は、投球時のオーバーヘッドスローイング動作が原因となって起こるスポーツ障害といえます。
野球はスポ根ドラマの題材にされやすいように、 血のにじむような練習を積み重ねることを美徳としているスポーツという特徴があります。
野球の指導者にしても投げ込んでコントロールを身に付けるなど、 運動量の多い練習を好む人物が多いのも野球の特徴ともいえます。

 
 
野球肩や野球肘の治療は、投球練習の休止は一般的ですが、過度の安静は回復を遅らせます。痛みの強い動作は避けて次第に正常に戻すことが重要です。
練習をさせながら治療を進めるには集中的な治療が必要となります。
短期間で痛みを減少させ、早期復帰は筋力低下を防ぐことになります。また投球フォームの改善を行うことは重要です。


ページの先頭へ

 

テニス肘について

 
テニス肘について 正式名称を上腕骨外側上顆炎と呼ばれ、肘より先の外側の筋肉を使いすぎた時に起こります。その筋肉は主に手首をそらすときに使われ、テニスで言うバックハンドの状態と同じ動作になります。その為テニス選手に多いことからテニス肘と呼ばれています。


 
 
上腕骨外側上顆炎は腕の筋肉がパンパンにはった状態で手首を動かすことにより起こるので、まずは腕の筋肉を緩め、肘部に起こった炎症を冷却により取ってあげる必要があります。場合によっては運動時だけ、専用のサポーターをつけて作業をされる事をお勧めしますが、常時つけていると血行不良を起こすのでサポーターは最小限にして、こわばった腕を緩める治療をしましょう。

ページの先頭へ

 

シンスプリントについて

 
シンスプリントについて シンスプリントはスネの内側下1/3か上1/3が好発部位で、膝から下の筋肉の緊張が原因でその筋肉の付着部である。所に引き剥がされようとする力が働いて、骨と筋肉が付着する場所(骨膜)に炎症が起こった状態を言います。


 
 
まずは原因になる筋肉の緊張を取ることを第一に考え、早期回復のベースを作ります。次に骨膜炎へのアイシングや物理療法を行い、早期回復ができるようにします

ページの先頭へ

 

疲労骨折について

 
疲労骨折について 同じ骨に何回も同じ負荷が加わり、しまいに骨や骨膜に損傷を起こしたものを言います。レントゲンでは痛みが出現して2週間以降にならないと診断ができません。
代表的なものとして、足の甲やスネ(シンスプリント)、肘の内側部(投球による剥離骨折)、ゴルフによる肋骨骨折などがあります。

 
 
骨折と言う名前がついていても、きれいに折れるわけではないので基本は骨折の治癒、日数の目安の期間安静ですが、早期復帰を希まれる方は骨折治療機を使用すると通常の6割程度の期間で治癒することができます。

ページの先頭へ